HOME BACK ご意見・ご要望をお寄せ下さい
TOPICS
議員団紹介
政策・提案・見解
県議会報告
県政の資料
議員かけある記

神山悦子
9月県議会に「まちづくり条例案」提案される
 県内外から待たれていた大型店の出店を規制するための県独自の「商業まちづくり条例案」がようやく今議会に提案されました。
 ところが、焦点となっていた具体的な規制対象の店舗面積は盛り込まれませんでした。これは、規則で定めるとしていますが、その規則はまだ明らかにされていません。これには、自民党からも反発がでています。
 昨年3月に提出された県のまちづくり検討委員会の提言では、「店舗面積3,000屐5,000岼幣紊鯊仂櫃砲垢戮」とされています。私たち共産党は、提言どおりに規制すべきと議場や委員会で主張してきました。今年3月に県の条例制定に向けた意見公募には、予想を超える約1千通の意見がよせられるなど大きな反響がありました。また委員会の視察で訪問した会津若松市の商工会議所からは、大型店ユニー出店の動き出ていることから県の条例制定を早く行い、1,000岼幣紊鯊仂櫃砲藩徊召気譴泙靴拭これらを受けて6月の商労文教委員会では、県が示した15,000屬任蝋すぎるということで全会派が一致し、委員長報告では県の示した面積を極力引き下げるよう付帯意見がつけられました。にもかかわらず条例案には具体的な数字が入っていなかったのです。
 自民党は、30日の代表質問でこの点をただしました。知事は明言をさけつつも「思い切った対応を考えたい」と答弁しました。したがって、今週7日に開かれる私も所属している商労文教委員会での審議が、再び注目を浴びそうです。
                               <10月3日>
<日程>
10/4 一般質問(長谷部県議登壇)
5 一般質問
6 商労文教常任委員会
7   〃
7 3000万教育署名運動学習集会
9 中田少年スポーツ大会



日本共産党福島県議団
〒960-8670 福島県福島市杉妻町2番16号 TEL:024-521-7618/FAX:024-523-3256
Copyright(c)2004 fukushimakengidan All rights reserved.